SEASON TWO:第2シーズン
原  題
邦  題
カスタマーレビュー
あなたのレビュー募集中
米国放送日
宇宙暦
リアルプレイヤーをゲット
予告編(225Kbps)
新スター・トレック
シーズン2 Vol.1





新スター・トレック
シーズン2 Vol.2





新スター・トレック DVD
コンプリート・シーズン2
コレクターズ・ボックス


DVD (2002/09/06)
(日本国内向け)
NTSC/ドルビー/カラー
ディスク枚数:6



U.S.S.エンタープライズE
1/1700

塗装済み組立キット
全長403mm
映画「ファストコンタクト」「叛乱」「ネメシス」に登場する宇宙船「U.S.S.エンタープライズE型」が1/1700スケールディスプレイモデルになって登場!!船体表面のパターンを精密な塗装で再現。電源とスイッチを兼ねた専用ディスプレイスタンドに接続する事で、船体各部が発光します。



スタートレックネクストジェネレーション コンパニオン
スタートレックネクストジェネレーション コンパニオン
新スタートレックの完全ガイドブック
全178話のエピソードに加え映画4作品もすべて網羅。
各エピソードのあらすじやキャスト・スタッフ等のデータだけでなく、制作裏話やトリビア集とも言えるファンが気にする細かな知識などを収録!



スタートレックネクストジェネレーションオフィシャルガイドブック
スタートレックネクストジェネレーションオフィシャルガイドブック
1995年発行のオフィシャルガイドブック1を全面再編集した増補・改訂版。
内容が32ページ増え、全ページカラー!
エピソード解説は各話のビジュアル付



スター・トレック
ボーグ・ボックス


スター・トレック放送開始40周年記念企画として、ファンの人気投票で選ばれたエピソードを、シリーズの枠を超えて収録したテーマ別ボックスが登場!
人気エピソード「覚醒する恐怖」から「浮遊機械都市ボーグ」ほか、ボーグ登場のハイライトを完全網羅した永久保存版。



さらに進化した究極の
『スタートレック』が発進!!

ザ・ベスト・オブ
新スター・トレック



新スター・トレック劇場版BOX

『新スター・トレック劇場版』4作品+特典ディスク1枚のセット
27 The Child

光から生まれた生命
レビュー投稿者:シマさん[2010/05/20]
 トロイが妊娠する話。
よくあるパターンで、今回はトロイが未知の生命体の好奇心から妊娠させられる。
子どもの成長が異常に早いという設定は尺の関係からだろうが、SFだからどうにもなるものだ。主題は、そのトロイの出産、から子供との別れといった人生の縮図的な部分の喜怒哀楽である。それを見守るライカーといった場面が、TNGの大人びた作風を意識させる典型的な作品だ。難癖付けるようなシロモノではない。
なお、ドクター・ポラスキーが登場。彼女はTOSでも若かりし美貌を振るっていた影の功労者である。
1988/11/21

42073.1
光から生まれた生命
28 Where Silence Has Lease

闇の住人
レビュー投稿者:シマさん[2010/05/20]
 高度な生命体にエンタープライズが囚われる話。
これもよくあるパターンの展開であるが、相手がかなり邪悪である。
その中で、解決方法がピカートの機転と話術であるといった展開が、本シリーズの真骨頂といえよう。
しかし、ピカードは似たようなどうにもならない場面によく出くわすが、落ち着いたものである。このあたりが、現実の会社のトップに必要な要素を啓示しているのかもしれない。
1988/11/28

41293.6
闇の住人
29 Elementary, Dear Data

ホログラムデッキの反逆者
レビュー投稿者:sesutaさん[2009/11/30]
 きました、モリアーティ教授初登場回。
データとジョーディがホロデッキで、シャーロック・ホームズとワトソンに扮して謎解きを楽しもうとするが、そこにあのホームズの宿敵モリアーティ教授が登場してしまい、大変なことに。
僕がこの話で好きなのは、ホームズになりきって事件を解決しているときのデータ!あんまり嬉しそうで、得意げなのでちょっと笑ってしまいます。
しかし後半のモリアーティ教授の語りは、その知識で自分の存在に対して言及するところが興味深く、見た後味はなかなか切ないお話です。
1988/12/05

42286.3
ホログラムデッキの反逆者
30 The Outrageous Okona

無法者オコーナ
レビュー投稿者:シマさん[2010/05/20]
 無法者を保護したクルーが様々な影響を受ける話。
オコーナーはある意味、現代の男臭さを魅せる存在である。これは、60年代に作られたTOSのヒーロー、カーク像にも相関するものだ。
それが24世紀のクルーの前に現れたらどうなるか・・といった面白さが見所だろう。
困惑して、検証にホロデッキを使用するデータ、奔放なヒーローに影響されるウェスリーなど・・本作を見れば、ライカーのプレイボーイは可愛いものだというのがわかる。
プレイボーイが粋である時代を過ごした世代には楽しく見れる一品だ。
1988/12/12

42402.7
無法者オコーナ
31 Loud As A Whisper

無言の調停者
レビュー投稿者:シマさん[2010/05/20]
 耳の聞えない調停者を迎えて、任務を完了するのにトラブルが待ち受ける話。
本作は、微妙な感触を覚える。 生まれつき耳の聞えない調停者が主役であるが、身体障害者の心情を打ち出した作風のような重さはない。
それは、展開と、ラストの表現からして現実離れした流れを見せることから読み取れる気がする。また、敵の武器で殺害される特殊効果の手法にケチがついた作品でもある。
題材としてはいいのだが、中途半端な印象を受けるのは、TNGの敷居を高く見すぎだろうか。
1989/1/09

42477.2
無言の調停者
32 The Schizoid Man

コンピュータになった男
レビュー投稿者:シマさん[2010/05/20]
 自分の意思と知識をコンピューターに転写した男が騒動を起こす話。
傲慢なグレーブズ博士が死期を悟り、自分の知識と意思をデータのポジトロニック脳に転写する。傲慢で嫉妬深いデータができあがりだ。
最終的には博士を説得して知識だけをコンピュータに残し、めでたしめでたし。
そんな博士を影ながら愛し続けたカリーン助手は、なんて理想的なメイドさんであろうか。
1989/1/23

42437.5
コンピュータになった男
33 Unnatural Selection

DNA
レビュー投稿者:たいまつ号さん[2009/12/04]
 遺伝的に優れすぎた少年少女たちだけの施設を訪れたエンタープライズ。地上の施設に下りたドクターポラスキーに、謎の老化現象が起るお話です。正体のつかめない老化現象に戸惑うエンタープライズクルーとその現象を受け止めてゆくドクターポラスキーの心理変化も描かれております。地上に降りて救助に行くと艦内のクルーにも伝染するかもしれないと、救助に行けず見ているしかないエンタープライズクルーのジレンマ。
最後にその正体ががわかった時は人類に不信感を持ちたくなりますね。TOSにもあった早期老化症状のテーマですが、全く違った角度での描き方に時代を感じます。
1989/1/30

42494.8
DNA
34 A Matter of Honor

錯綜した美学
レビュー投稿者:シマさん[2009/10/27]
 ライカーがクリンゴン艦の副長として研修に赴き、予期せぬトラブルからエンタープライズとあわや対決となる話。
異文化、異世界への研修の大変さは大変共感するものがあり、話の展開の面白さといいお薦めの一本だ。だれも行きたがらない研修に、前代未聞と飛びつくライカー。社会でリーダーに立つ素養とはここにありですね。ベンザイト人のようなタイプも苦笑するほど見かけるものだ。。
1989/2/06

42506.5
錯綜した美学
35 The Measure Of A Man

人間の条件
レビュー投稿者:シマさん[2009/10/25]
 データが艦隊の所有物か否か、心があるのかを審問会にて争う話。
大変深いテーマをストレートに魅せる名作の一つですね。ライカーが原告側の代理となる経緯も、多少強引ではあるが納得できる背景があり、データが艦隊の所有物であるという裁定を査問にてピカードが覆す説得力がすばらしい。法務官はピカードと過去の因縁がある設定も良く、ラストに落ち込んだライカーをデータが慰める言葉も論理的なのが頬を緩ませる。そんなデータに「キミは人間が出来てる。」という言葉は秀逸だ。ちなみに、VGR144話「ジマーマン博士の屈辱」はピカードの示唆した恐れを具現化している。
1989/2/13

42523.7
人間の条件
36 The Dauphin

運命の少女サリア
レビュー投稿者:sesutaさん[2009/11/30]
 ウェスリーがかわいい恋に悩む話。
エンタープライズに乗船し、自分が指導者となるダレド4号星を目指す少女サリア。彼女に、ウェスリーが一目惚れしてしまうんだが、彼女には指導者の役割を果たす使命があるので、二人の恋はなかなかうまくいかない。
若い二人の話なので、見ているこっちが恥ずかしいと思うような(笑)場面がありますが、そこにガイナンという良き助言者が加わったり、ある事実を知ったウェスリーの反応など、味わい深い、若い人も、大人もきっと楽しめる話だと思います。
デルタチャットで勧められて見たお話でしたが、やはりとても面白かったです。
1989/2/20

42568.8
運命の少女サリア
37 Contagion

埋もれた文明
レビュー投稿者:シマさん[2009/10/23]
 中立地帯のアイコニア遺産をめぐって連邦とロミュランが対立する話。
機器の機能不全の解決法が電源を切れ、とはまた・・今の家電製品と変わらんぞと突っ込みたくなるが、話の緊迫感はなかなかのものですね。ターボリフトの故障でジョディが壁に張り付いたり、アイコニアやロミュランのカウントダウン音声が自国原語であったりと、細かい描写に手抜きがないのが好ましいです。
1989/3/20

42609.1
埋もれた文明
38 The Royale

ホテル・ロイヤルの謎
レビュー投稿者:シマさん[2009/10/23]
 セータ8号星で謎の20世紀時代のホテルに閉じ込められたクルーの話。
あり得ない展開に結末の興味が沸くところ、異星人の償いの結果という意外な事実から脱出法が見えてくる。フォロデッキの故障で出られずに危機になる話はよくあるが、この作品は新鮮である。解決法がDS−9の「アドリブ作戦でいこう」と似ている気もしますね。
1989/3/27

42625.4
ホテル・ロイヤルの謎
39 Time Squared

戦慄の未来
レビュー投稿者:シマさん[2009/10/23]
 エンタープライズの爆発を、未来から来たピカードをヒントに現在のピカードが阻止する話。
単純にSFサスペンスとして楽しむ作品で、6時間先からの漂流者という設定が新しい。
未来のピカードが当初会話もできず、事象が近づくにつれ意識がはっきりしだすという点もグッド。よって謎を引張るのに無理がなく、こうしたハードSF的な趣が緊張を高めていると思う。
1989/4/03

42679.2
戦慄の未来
40 The Icarus Factor

イカロス伝説
レビュー投稿者:シマさん[2009/10/23]
 ライカー艦長昇進の話が親子の確執、ウオーフの悩みを絡めて展開する話。
ライカーの過去を語る上で重要な話だが、意図しないユニークな場面で失笑を買うのがおしい。東京基地での風林火山作戦とか、究極の武術「アンボウ術」など。特にアンボウ術のシーンはぜひ原語で見ていただきたい。あの日本語には腰が抜ける。
1989/4/24

42686.4
イカロス伝説
41 Pen Pals

未知なるメッセージ
レビュー投稿者:たいまつ号さん[2009/12/04]
 なんと、ワープ以前の文明と迂闊にもコンタクトしてしまった我らがデータ少佐。
その相手は幼い少女だった・・・!
エンタープライズで少女の記憶を消せないかドクターに依頼するピカード艦長。
しかし、少女の惑星に迫る危機を見逃せない。
惑星規模でのコンタクトは、絶対に出来ないがゆえに知恵を絞るエンタープライズクルーの活躍が見ものです。
幼い少女とデータ少佐の友情にもホロリとさせられます。
宇宙を旅する人の通り過ぎる出来事のお話と言う感じですが、データ少佐には、忘れない出来事のひとつでしょう。
1989/5/01

42695.3
未知なるメッセージ
42 Q? Who?

無限の大宇宙
レビュー投稿者:シマさん[2009/10/20]
 有名な「浮遊機械都市ボーグ」の予告編ともいえる作品。 ボーグ初登場の話だが、Qが単なる御フザケな全能者ではない片鱗を見せ始めた一編でもありますね。ボーグという機械生命体の行動様式が、敵意が無ければ無視するという姿には新鮮な敵として感じ入りました。
ピカードは人類が未知に対して無力な現実をQに諭されたわけで、そのためだけにクルーも犠牲になった事にピカードは憤慨しますが、Qの甘えてんじゃねえ的な返答には閉口するしかありません。 私がQを見直し始めたキッカケとなりました。
1989/5/08

42761.3
無限の大宇宙
43 Samaritan Snare

愚かなる欲望
レビュー投稿者:シマさん[2010/05/20]
 バカを装う異星人に騙される話。
バクレド人は盗んだ機器と技術で生計を立てている。これはVGRのケイゾンと同じタイプだ。しかしマヌケな容貌に油断したライカーが嵌められて危機に陥るエンタープライズ。ジョディの機転が功を奏して難を逃れる。
この邦題はむしろ、愚かなるエンタープライズのほうが相応しい。
1989/5/15

42779.1
愚かなる欲望
44 Up The Long Ladder

新たなる息吹
レビュー投稿者:シマさん[2010/05/20]
 自然回帰した住民と科学の末路をたどった住民をくっつける話。
船内の倉庫に自然回帰主義者を収容、ヤギ達も一緒だ。そのバイタリティにクルーは圧倒される。中でも酔っ払いのオデル、その娘のブレナの前では洗練された人間はカタナシである。ブレナの心やさしいS嬢ぶりがすばらしく、ライカーを圧倒。
一方、同じ先祖を持つカタワレの種族は科学に頼った今、クローン技術がなくては生きていけない状況。両者をくっつけることで種族の繁栄が約束される。
多数の亭主を持つことになるブレナが、嫌悪することもなく意気揚々なのが気に入った。
1989/5/22

42823.2
新たなる息吹
45 Manhunt

魅せられて
レビュー投稿者:シマさん[2010/05/20]
 ロクサナに圧倒されるクルーの話。
トロイの母親、ロクサナ登場。往年のミス・チャペルであり、エンタープライズのコンピュータの声優でもある。そのオバン・パワーにはピカードもタジタジで、小説ではなんとQでさえもロクサナに子供扱いされるという恐ろしい熟女である。
同乗したアンティード星の大使が実はテロリストで、その陰謀の結末は・・結局、ロクサナがあっという間にテレパスでかたを付けてしまう。
熟女のバイタリティを堪能するに相応しい一編だ。
1989/6/19

42859.2
魅せられて
46 The Emissary

愛の使者
レビュー投稿者:せんりーOF9さん[2011/03/21]
 75年前のクリンゴンが冷凍睡眠から目覚め、まだ連邦と戦争が続いてると思いこみ植民居留地に近づいている。連邦特使のハーフクリンゴン女性、ケラーが解決すべくエンタープライズに送り込まれる。実はこのケラーはウォーフと訳ありだった。
そしてケラーの解決策とは目覚めたクリンゴンを始末してしまうことだったが、、、このケラーは「コンピューターになった男」でバルカン人のDrセラーを演じている。スージー・プラクソンという役者で話すとき口を横に伸ばす。そこから見える歯並びがまた綺麗。そして片目をウィンクするくらい瞬きながら話すところに引きつけられてしまう。とても好きな女優の一人です。
さて、ウォーフとはどうなるのか、続きは後のシーズン、クリンゴンの指導者争いの中でわかります。どきどき、わくわく!
1989/6/29

42901.3
愛の使者
47 Peak Performance

限りなき戦い
レビュー投稿者:シマさん[2009/10/20]
 宇宙連邦の演習訓練を扱った話。そのために赴任してくる監督役のザクドン人コルラミが実に個性的なキャラクターで、周囲の反感を買うが、ドクター・ポラスキが「可愛い人」と揶揄するシーンがあり、ポラスキのキャラクターもクローズアップされていてグッド。
演習艦ハサウェイをなんとかしようとするクルーの行動が楽しく、危機感の演出のため無理やりフェレンギが乗っ取りにやってくるのはぎこちない展開だが、そんなことはどうでもよくなる爽快感が味わえる一本でしょう。
1989/7/10

42923.4
限りなき戦い
48 Shades of Gray

悪夢の果てに
レビュー投稿者:たいまつ号さん[2009/12/04]
 ライカー副長が上陸任務中に大けがを負ってしまう。
その命を救わんと懸命に治療をするエンタープライズの仲間。しかしライカーの中では過去の思い出が渦巻く…
と言えば格好はいいですが、過去のライブラリー映像をつないで時間を稼いだ的な作品にみえる一本です。
なぜこの時期にこんな費用をかけない安上がりなものを作ったのだろう?と、違う意味で考えてしまった作品ですね。
1989/7/17

42976.1
悪夢の果てに
SEASON TWO:第2シーズン